①自賠責保険基準

 自賠責保険基準は、自動車損害賠償保障法によって定められている損害賠償金の支払額の基準です。

 同じ交通事故でも、この基準で慰謝料を算出すると3つの基準のうちもっとも安い金額になります。

②任意保険基準

 保険会社が慰謝料を算出する際の基準です。

 この基準で慰謝料を算出すると自賠責保険基準よりは高くなりますが、一般的に裁判所基準よりは安い金額となります。

③裁判所基準

 過去の交通事故裁判の判決に基づく基準です。

 3つの基準のうち、この基準を使って慰謝料を算定すると、多くの場合最も高い金額になります。

 弁護士が交通事故の示談交渉を行う際にはこの基準に基づいて行います。

弁護士に交渉を任せることで、保険会社の提示する金額よりも、増額が期待できます。

​交通事故

 交通事故の慰謝料の算定基準には、①自賠責保険基準、②任意保険基準、③裁判所基準の3つの種類があります。

 同じ交通事故でも、使用する基準によって、慰謝料の金額が変わってきます。

 弁護士は、保険会社が慰謝料を提示する際に使用している基準ではなく、一般的により高い慰謝料を算定できる裁判所基準と呼ばれる基準に基づいて、慰謝料を含めた賠償金の示談交渉を行うため、当初提示されていた金額よりも増額が期待できます。

弁護士特約も利用可能できます。

 ご自身が加入されている自動車保険に弁護士費用特約が付いている場合には、弁護士費用が保険から支払われることで、ご負担無しで、弁護士へ委任できる場合もあります。

​交通事故は相談無料で承ります。お気軽にご相談ください。

Copyright © 2018-2020 德永法律事務所. All Rights Reserved.